« 優吾、温泉デビュー | トップページ | 道道136号線その後 »

2004.09.06

酷道136号線

今日は道道136号線に行きました。
ネットでは酷い道だ、絶対に通り抜けできないと言われています。
「そんなことないだろう!大袈裟なんだから(ハート)」
という感じで出かけてみました。
zentai136.jpg
道道136号線が通り抜けられないという第一関門50メートルくらいに渡って
道が陥没しています。落差2メートル50センチ
勇気を持って挑戦!です。
Ichidome.jpg
降りることは降りたんですけど、反対側の壁をどうやっても登れそうにも
ありません。仕方ないので、戻ることにしました。
dashutu.jpg
なんなく生還しました!
gakeka.jpg
その段差です。こう見るとたいしたことないように見えますが
2メートル近くある段差です。バイクが真直線に竿立ちになってしまいます。
リアタイヤが通り抜ける時に50センチくらい飛んだのを感じました。

これだけでは面白くないので、別ルート(山の斜面を行く)を確保するために
Uターンしました。するとリアタイヤが先ほどの段差(本人は崖だと思っている)
からずるずると、また戻ってしまいました(T_T)
体力を使い切っているので、2度目はなかなか登れません。3回くらい失敗して
やっと登り切りことができました。

リベンジということで反対側から行くことにしました。
stop136.jpg
こんな頑丈なのは見たことありません。
横からの進入を防ぐために、バリケードしています。
さらに、ボルトは溶接していました。工事車両もそう簡単に入れないように
なってます。う〜ん道道136号線は通行するのは無理です。
マップルの言う通りです。

|

« 優吾、温泉デビュー | トップページ | 道道136号線その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17316/1366992

この記事へのトラックバック一覧です: 酷道136号線:

« 優吾、温泉デビュー | トップページ | 道道136号線その後 »