« 省輔おいてけぼり | トップページ | 道道136号線川渡り »

2004.11.03

ついに姿を現した道道136号線

半年前からチャレンジしていた道道136号線。
本日、最大の難所川渡を行いました。
川は冷たかったけど、それほど流れも速くなく、足場もしっかり
していました。私は一緒に行った、Yさんと自分のバイクを川渡させ
Nくんのバイクを川の途中から岸にあげました。
自分の時は、まだブーツの中は濡れてなかったですけど
さすがに、2.5台分だとすっかりブーツの中が濡れてしまいました(T_T)

ただ、他のサイトでも言われているように川を渡って、封鎖している
ゲートまでの坂が越えれませんでした。
ぬかるんでいて、とてもいけるような感じじゃないです。
川原から、石を運んで突貫工事しなくてはなりません。
どれくらいぬかるんでいるかというと、フロントタイヤが抜けてリヤタイヤが
行こうとすると、すでに半分くらいリアタイヤが埋まっています。
そのままアクセルを開けると、半分どころかバイクがどんどん埋まります(^_^;
ゲート100メートル手前で撤退です。畜生!!

折角渡った、川をまた戻るのか・・・という気分になりましたが、
川渡をしないことには、帰れないので、渋々・・・やりました。

|

« 省輔おいてけぼり | トップページ | 道道136号線川渡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17316/1854792

この記事へのトラックバック一覧です: ついに姿を現した道道136号線:

« 省輔おいてけぼり | トップページ | 道道136号線川渡り »