« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.30

キャンプ準備

省輔に今年はキャンプがやりたいと言われ、親父が重い腰を
あげつつあります。テントとの値踏みをしています。
ダンロップの2万円前後のツーリングテントで良いだろうと思ってます。
しかし、その前にアウトドアの練習です。

060730.jpg
自宅の庭で何か一生懸命やっている省輔と優吾

0607304.jpg
拡大写真

0607303.jpg
インスタントラーメン食べてたのね。

まずは食事と言うことで、インスタントラーメンを外で作って
食べました。省輔にほとんど作らせたのですが、優吾が
やってきて、ちゃっかり一緒に食べています。


0607305.jpg
いつもより一杯食べているのは気のせい?

こんな、単純な料理(?)でも、自分で作って外で
食べるとおいしいらしく、省輔も優吾も皿を舐めるように
綺麗に食べちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にCB1300SB

省輔のカレンダーには、今週の土日はキャンプ
の予定らしいです。勝手に予定にキャンプと貼って
親父にプレッシャをかけています。
今週はまだ準備不足で無理なので、ツーリングに
行くことにしました。
夏なので、厚田方面の海沿いを走るコースにしました。

0607291.jpg
夏!って感じ

海岸ではバーベキューをやっている家族はいましたが
泳いでいる人はいませんでした。今年は北海道で海に
入るのは難しいかなぁ。来週の天気予報も30度を超える
日ないもんなぁ。

省輔は海を見ながら食事をしています。
といってもコンビニで買ったおにぎりですけど(^-^;

0607292.jpg
梅(種なし)がなく、ちょっと不満。

それから厚田温泉に入って休憩して帰ってきました。
途中、道民の森のキャンプサイトを偵察してきました。
管理人さんが、土日にキャンプしたいのなら、もう今週から
予約しないと難しいと言ってました。
実際、今日(土曜)も満員だそうです。

0607293.jpg
DS持ってきてたのかよ(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近ちょっとだけ暑い

北海道でも最近、少し暑い夜になりました。
暑いと言っても、汗ばんで寝苦しいということはないです。

優吾と省輔が一緒に寝ていて、面白かったので写真を
撮っておきました。

060728.jpg
どうやったら、こんな格好に?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.25

優吾の保育園

夏の恒例になっている、保育園の夏祭りに行ってきました。
最初の夏祭りは省輔が2歳の時だったので、かれこれ6年前です。
その時は、親父も暢気に構えて、保育園の夏祭りは4時から始まって
7時に終わるので、「終わりぎりぎりに行けば、結構食べ物を叩き
売っているので、ばっちり食べてやる!」
事前に2千円分の食券を買っていますので、2千円が2千5百円
くらいになると思って6時半頃、保育園に着いて(^_^)

愕然としました。

恐るべし保育園児とその親の胃袋。
ほとんどの食べ物が売り切れていて、残っていたのは
2個100円で販売していたおにぎりと若干のジュースのみでした。
おにぎりを5個ばかり、ジュースを10本くらい買っても
使い切れない食券。

次の年から4時開催に合わせて行くようにしました。

060722.jpg
優吾も楽しんだようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.24

省輔受難

先週、自転車の練習で流血騒ぎを起こしてしまった省輔。
流血騒ぎまで引き起こして、このまま乗れなくなってしまうのも
もったいないので今週も練習です。
先週よりも上達して100メートルくらいフラフラしながら進んで行きます。
夏休みが終わるころには、ちゃんと乗れるようになっていると思います。
頑張れよ!!

060723.jpg
フラフラと進んでいる省輔

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犯人は?

親父の携帯電話にポケモンのトドセルガ?の画像が
入っていました。
しかし、犯人は重要な証拠を残してます。
自分の足も一緒に写り込ませています(^-^;
そんなこと推理しなくても、ポケモンの画像ってだけで
省輔が犯人ってことは、すぐにわかるんですけどね。

DVC00012.jpg
犯人の足が!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.20

今週は天気が良い

先週末の3連休はすっきりして天気ではなかった
ですが、今週は火曜日を除いて天気が良さそうです。

今日、カブ通勤中に、リトルカブを真冬に乗るためには
どうしたら良いんだろうか?ということが気になって
ネットで調べてみました。
どれもこれも、こうすればできるというサイトは見つかって
いません。
ま~真冬の稚内に向けてツーリングする方々もいるので
無理ではないということもわかります。
実際、親父の父親(省輔と優吾のじいちゃん)は、一年中
バイクで通勤していました。真冬になってもCB125Sで
通っていました。それもノーマルタイヤでしたね。

それを思えば、カブ+スパイクタイヤなら行けそうな気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.17

日曜と月曜は

日曜日は親父の実家に行きました。
省輔と優吾と親父の3人です。実家に優吾を置いて
従姉妹をピックアップしてポケモンを見にいきました。
親子チケットを事前に購入してあったのですが、省輔曰く
「大人のチケットを無くした・・・」ということで親父は駐車場で
寝て待っていました。というか、そっちの方が良いですけど(^-^;
ポケモン見せられるのも苦痛です。
月曜日は省輔はじいちゃんと一緒に自転車の練習です。
夫婦で子供達を迎えに行くと、省輔が自転車に乗れています。
30メートルくらいですけど乗れています。
褒めてやろうと、省輔が練習している広場に近づくと、今までより
も頑張って長い距離を乗ろうと(親父に良いとこを見せようと)
ふらふらしながら、こちらに進んできます。
そのときバランスを崩して、側溝に頭をぶつけて、流血してしまいました(^-^;
たぶん、来週にはちゃんと乗れるようになるんじゃないかなぁ。
060717
若干、赤いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.16

さくらんぼ山

三連休の初日に会社の方々と一緒に余市の
さくらんぼ山に行きました。
親父はサクランボ狩りをする前に、サクランボの種飛ばし競技に参加
しました。途中まで11メートルという好成績のため2位でしたが
最後にやってきた4~5人の団体が「今年はみんな飛ばすなぁ!」
と言いながら競技に参加しました。
あっという間に4位まで転落・・・3位までだと商品が出たのですが
4位のままサクランボの種飛ばし大会が終わってしまいまいした。
う~ん、惜しいかった(^-^;
0607150.jpg
鈴なりのさくらんぼ

甘酸っぱく美味しいサクランボですが、飽きます。
サクランボをお腹一杯は食べられません(^-^;

0607156.jpg
景色も最高

サクランボ狩りが終わった後、なぜか走り回る兄弟。
0607151.jpg
グルグルグルグル
0607152.jpg
こいつもグルグルグルグル

口の中が爽やかになってしまったので、小樽で食事を
することにしました。

0607155.jpg
ここで食べたのは、宗八カレイです。
美味しいのですが、ちょっと値段は高めですね。
0607153.jpg
へぇ~小泉さんも来てる店なんだ。それなりに立派だし
それなりに美味しいけど、それなりに高いんだ(^-^;

0607154.jpg
優吾と食事が来るまでの間、海に向かって石投げを
して遊んでいました。

なかなか楽しい一日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.13

RAMマウント購入

Legend C の瞬断現象に悩まされ、ついにRAMマウント
を購入しました。

ハンドルにつけると速攻で切れてしまうLegend C・・・
電池ボックスにいろいろな詰め物をして対処したけど
やはり、電源が切れてしまう。
ハンドルマウントでは確かに振動が直接Legend Cに
伝わるので、瞬断が起こっていると思います。
ただ、電池ボックスとかじゃなくて、基盤のような気がする
ので、RAMマウントを使っても、あと1年くらい延命する
だけじゃないかなぁ。

RAMマウントはアタッチメントを変えるだけで色々と変更
可能なので、次のGPSレシーバでも使えるからいいっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.10

平取方面の林道

本日は平取方面からの占冠方面に抜ける林道に来ています。
本日の参加者は、親父とY氏です。
初っぱなから、このような道です。

0607091.jpg
道か?これ?

0607092.jpg
道なき道を進むY氏

0607093.jpg
すっかり山の中に入り込んでます。

さすがにこの道は駄目ということで迂回します。
その後は、私の好きな道が続いています。砂利ダートでもなく轍がある
わけでもない、ちゃんと整備された道です。
0607095.jpg
良く整備された道

比較的林道らしい道が続いてました。占冠側に近づくにつれて
作業道?的な砂利ダートになりました。

何カ所かこんな場所もありました。
0607096.jpg
渡れません。進めません。

0607097.jpg
出口近くなのに、廃道状態、小川が流れ込んでます。

何カ所か酷い場所はありましたが、普通な林道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.08

つどーむのバイク祭り

060708.jpg
バイク祭りに行ってきました。
小林直樹のトライアルショーは結構面白かった(^-^)
いや~間近で見るとすごいわ。雑誌とかで見るのと実物を見る
と大違いですね。

戦利品はいつも行ってるバイク屋が出店していたので
その場所で、嫁さんのリトルカブ用のメットを購入しました。
3980円なり(^-^; 安いです。

それから、ジョイフルAKに行ってタイヤレバー2本とノコギリを
購入しました。この前の姫川林道を教訓にして、タイヤのパンクにも
備えなければということでタイヤレバーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.06

TabletPC ThinkPad X41

最近、あまり使っていなかったThinkPad X41 TabletPCを
再設定して使っています。
お客さんと会う時に、結構有効です。
何が有効かってと、プレゼンする時に・・・
とかじゃなくて、相手のひきが良いです。必ず、おっTabletPC
ですね?どうですかという質問になります。

話し出すきっかけとしては結構便利です。

実際、どこが良いのかはわかりません。(^-^;
図を書くのが良いんですけど、それならリアルなノートに
書き込んで、あとでVisioなんかで清書した方が良いと思う。
最近は手書きの文字よりも、キーボードで入力したほうが
早いじゃないかなぁ。さすがに漢字をいい加減に書けば
手書きの方が早いですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.02

姫川林道 詳細1

今回の参加は新車のXRのN君と親父の2名です。
姫川林道に行ってみようとネットで調べて、廃道って言っても
それほどなものか?ということで確認することにしました。
札幌市内に6:00に集合して、中山峠に7時前に着きました。
この調子で行けば、乙部町には、12時前に着けます。
06062901.jpg
最高の天気の良さの中山峠

06062902.jpg
天気の良いツーリング日和

道南に向けて、どんどん進みます。
06062903.jpg
道南らしく、杉の木があります。
これを見ると、あ~道南に来たんだなぁと思います。

乙部に着いて、姫川林道に来ました。

八雲側には抜けられませんと書いてある。めちゃめちゃ状態の
良い林道が続きます。あまりに道が良いので途中の支線を
姫川林道と間違えて入ってしまいました。

このときは、こちらが姫川林道だと思ってました。
普段はGarminのLegendCで確認するんですけど、この日は瞬断が
多発してしまい、ポケットのなかに入れっぱなしでちゃんと確認して
ませんでした。
06062904.jpg
支線を姫川林道だと思いどんどん進みます。

06062905.jpg
この程度の林道を廃道とな?全然問題ないじゃんとさらに
進みます。
06062906.jpg
あ~これくらいなら、普段行ってる林道だね。
と呑気に鼻歌歌いながらどんどん進みます。
すると、状態の良い元の姫川林道に戻ってしまいました。

ここで、あっ支線に入っていたんだと気づき姫川林道を先に
進みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫川林道 詳細2

乙部側の姫川林道は本当に景色良くて、ダートとしても
楽なものです。
06062907.jpg
なぜ、こんなに立派な道を廃道としているんでしょう?
何か不穏な空気を感じます。これは何かあるぞ?と。
06062908.jpg
こんなに天気も良いし、山の上から日本海まで見える(^-^)
最高の林道だね。
どんどん進むと、山の上にアスファルト舗装された道が!!
乙部気象レーダー基地と書いてあります。
あ~このレーダー基地の為に、整備された道だったんだ。
06062910.jpg
山頂からは、日本海も太平洋も見える絶景

06062911.jpg
なんかこんなに綺麗で楽させてもらった悪いですね。

ここで何か不安な気分です。なぜ?こんなに良い場所を
世間では廃道だ!廃道だ!と騒いでいるのでしょうか?
もしかして、こんな綺麗な場所を人に教えたくないための
陰謀でしょうか?まさかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫川林道 詳細3

乙部レーダー基地を降りて、目的地である。
姫川林道の本流に戻ります。あとは八雲側に
降りるだけです。
えっ!
06062912.jpg
あ~この絵みたことある!!そっか姫川林道の廃道はここから
始まるのか!!
13:00頃、姫川林道に突入しました。
06062913.jpg
突入して100メートルくらいで、大木が横たわっています。
この時は、周りに石があるので、その石を集めてこの大木を
突破しました。(この夏、姫川林道に行くことがあれば、この
石組みを見ることができます)
のちのち、この石に苦労させられるとは思ってませんでしたね。

06062914.jpg
最初の大木を除けば、ま~少しは廃道らしくなってるかなぁ。
と2~3キロくらいすすん行きました。
06062915.jpg
あ~これが藪漕ぎか、楽勝じゃないですか?
と藪漕ぎを始めると、あちらこちらに黒いヒグマの糞が
あるの見かけ始めました。結局数十の黒い固まりを
見かけました。最初の2~3個まではヒグマ!!と
びびっていましたが、途中から、ヒグマの糞より道の方に
びびっていたので、ヒグマの糞には何も感じなかったです。
06062916.jpg
これが道です。
himekawa1.jpg
この辺あたりから藪漕ぎが酷くなります。
さらにもう少し進むと、道が延々と小川になってます。
ずっと湿地になっているので、笹&フキだらけで地面は
ほとんど見えません。さらに小川はずっと水が流れています。
石も一杯転がっています。大雨がふれば、どんどん溝が
深くなります。その溝と石がフキと笹によって見えないんです。
GPSで今いる場所が道であるということを確認しながら
すすんでいます。決定的な倒木はないのですが、溝と石の
為にスタック&切り返しをしながら進んでいきます。
ここまでくると、もう後戻りするのも嫌です。出口の方が近いとこ
まで来てしまい(とは言え、あと5キロくらいです)先に進む
ことを選びました。
06062917.jpg
ハンドガードが!!

私もこの廃道で石に掴まり、XRを転かしてしまいました。
スタックは何度したかわかりません。
そして、N君がスタックしているので、親父が変わってN君のXRを
運転して脱出しました。ひとまずN君のXRを安全な場所まで
持っていこうと15メートルくらい走ると、石に弾かれて、私が
N君のXRを転かしてしまいました。転けた場所が・・・
崖っぷちです。親父はバイクに足を挟まれているので、とにかくここから
脱出するために、N君にバイクを除けてもらいました。
親父は脱出した瞬間に2~3回転しながら、崖下に落ちていきました・・・
(骨折等はしてませんが、打ち身で今も体が痛いです)
この時、出口まで2キロくらいです。時間は16時くらいです。

親父が崖の上に戻るとN君は真剣に歩いて脱出しようか言い出しました。
でも、まだ時間もあるし、とにかく出口に近づこうと言うことで、出発することに。

自分のXRに戻って愕然としました。げっエンジン切ってるのに
ライト消すの忘れてた・・・バッテリがあがってます・・・・
幸い、N君もXRなので、N君のXRからバッテリを外して
親父のXRに繋げて、エンジンをかけました。やはりオフロードには
キックスタートは必要ですね・・・このエンジンをかけるために
さらに15分近く時間をロストしてしまいました。

あと、2キロくらいだ!頑張れば出られる!
と牛歩のようなスピードで進みます。というか道かどうかも不安になります。
GPSで道であると確認しながら進んでます。

親父が、休憩しているときに、N君に、この先どうなっているかを
確認に行かせることにしました。N君もヘロヘロに疲れているので親父の
XRに手をかけました。その時にXRが岩に当たってゴリという嫌な
音がしましたが、二人とも疲れているので気にしません。

それが最後の駄目押しのトラブルでした。
偵察から戻ったN君曰く、道らしいので、行けますと言うことなので
出発することに、

チェーンが外れてます!!

洒落になりません・・・時間にして18:30です。
親父は速攻で、チェーンを直そうと車載工具を降ろして対応しますが
車載工具ではリアタイヤをなかなか上手に外せません。
ヘロヘロに疲れているので気力もありません。
N君はすでにバイクを置いて山を徒歩で降りることに決めたようで、
沢の水を沸かして(エキノコックス対策)、コーヒーを入れて一息つく
準備を初めてます。親父はそれでも頑張ってみようと20分くらい
がんばりましたがやはり、車載工具だけでリアタイヤを外すのは難しい・・・

ダメもとで、自転車同じようにチェーンをリアのスプロケに引っかけて
バックに押してみました。

直りました。奇跡です。

時間にして、19:00です。場所は

himekawa2.jpg
距離にして1キロくらいなのですが、フキと笹は相変わらす酷いです。

なぜか、今までよりは走りやすい雰囲気です。石にぶつかりながら
走ること1時間!日がすっかり落ちている時に橋まで来ました!
ここまでくれば多分大丈夫なんだろうけど、今まで酷い目にあって
いるので、疑心暗鬼です。
「きっと、もっと酷い道がまっているかもしれない・・・」
そんなことは無く、普通の林道が待っていました。

無事脱出できたことを、N君と二人で喜びながら、それも
時速30キロくらいでゆっくりゆっくり林道を走っていきました。
アスファルトの道路に出たときは20:00を過ぎていました。
抱き合いこそしませんでしたが、二人で「助かった!やった!!」
と叫びました。

ここから、札幌までは300キロ近くあるのですが、脱出を喜びながら
ゆっくり、ゆっくりと帰りました。自宅についた時は3時20分でした。

最後に藪漕ぎが始まったころの動画を乗せておきます。
「MOL001-1.wmv」をダウンロード

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.01

姫川林道

道南の廃道として有名な姫川林道に行ってきました。
明日、写真をアップしますが、ほとんど写真がありません。
写真を撮る余裕なんかとてもない状態でした。

これから姫川林道に行こうという殊勝な方にアドバイスです。

やめておいた方が良いです。すこしでも賢い方なら止めて
おくことをお勧めします。親父と今回言ったN君はイケイケ
タイプの林道アタッカーなので(^-^;

途中あったアクシデント、バイクのスタック10数回。
バッテリー上がり、チェーン脱落。
大きなフキのと竹藪で路面は全く見えず、路面のあちらこちらは
崩落。路面に30センチくらいの石がゴロゴロ。

生きて出てこられて良かった。
実際、N君とは脱出できたとき、雄叫びを上げながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »